VOĈO ─青年部役員のひとこと─

「まつごころ」コラム 

 

 
 

ブログ「大本青年会館の窓」

大本本部へのアクセス


VOĈO ─青年部役員のひとこと─

 
 
青年部長
butyou

 本年8月31日をもって、第23期大本青年部は任期満了を迎えました。それに伴い、私も大本青年部長を退任することになりました。これまで、副部長として9年、主事として3年、部長として3年、青年部役員として携わらせていただきました。任期中、大神さまのご守護と教主さまのご教導の下、全国の皆さま、とりわけ青少年の皆さまには温かいご声援とご尽力をいただき、誠にありがとうございました。9月1日より、第24期大本青年部が始動いたしました。中里洋大本青年部長のもと、大本青年部のますますのご活躍を期待しています。15年間、本当にありがとうございました。

西 山 桂 一 郎
76年1月生 福岡県出身

青年部副部長
nakazato

 蝉の声を聞きながら、とんぼを眺めるという不思議な光景が青年会館の窓に広がっております。さて9月より第24期の大本青年部長を拝命いたしました。夏期青年部行事の際にはみなさまにご支援いただき、無事に終えさせていただきましたこと、厚く御礼申し上げます。まもなく副部長が任命されます。新体制の青年部も変わらずご厚情賜りますよう、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

中 里  洋
77年11月生 京都府出身


青年部副部長
horisan

 今月はいよいよ、「大本少年祭」が聖地亀岡天恩郷で開催されます。少年のみなさまは、この日のために一生懸命、奉納の稽古に励まれたことと思います。稽古にあたって青年、親御さまには、お忙しいなかご指導また、サポートいただきありがとうございます。今年の少年祭テーマは「それゆけ!神の子〜心ときめく3日間〜」。稽古の成果を大神さまのみ前に奉納していただき、充分に力を発揮していただくことを願っています。たくさんの「神の子」に聖地でお会いできることを楽しみにしております!

堀  孝 三
78年1月生 愛知県出身


青年部副部長
tobisawasan

 無事全ての夏季行事を終えて、ほっとしているのもつかの間。9月も両聖地では様々な祭典や行事が執行、開催され準備に動きまわっております。第23期青年部も全ての役割を終え、第24期青年部へバトンタッチされます。皆様には大変お世話になりました。また聖地でお会い出きることを楽しみにしております。ありがとうございました。

飛 澤 一 毅
81年10月生 京都府出身


青年部副部長
rurikosan

 皆さん、お元気ですか? 私は体調をくずしてしまいました(T_T)この事から教えていただいたことがあります。それは、神様へのお祈りやご祈願、み手代お取次、ご神水、お土さん、お松、聖師さまの書かれた「愛善健康法」のありがたさです。また、周りの方々の優しさや言葉のあたたかさも、ありがたい事だと実感しています。皆さま、どうぞお身体を大切に、元気にお過ごしください!

山 口 瑠 璃 子
82年12月生 茨城県出身


青年部副部長
harasan

 今夏、天恩郷の信徒会館が完成し、瑞生大祭の中でその名前がLUMO館と決まったことが発表されました。LUMO館には食作法室をはじめ、自動販売機やシャワー室、各大部屋、中部屋、小部屋、洋室など、宿泊設備が整っています。また、エレベーターホールからの松林はキレイですので、少年祭に来られた際はぜひご覧ください。

原    武
84年7月生 島根県出身


青年部副部長
yukiosan

 Saluton! こんにちは。3月から大本ビデオニュースのキャスターを務めることとなりました。さて、キャスターを務めるために月に2回アナウンスクラブに通っています。プロのアナウンサーである先生は非常に厳しく、毎回ダメ出しの嵐。心が折れそうになることも多々あります。今まで意識してこなかったものを学ぶというのは大変です。と同時に非常に面白くもあります。今はまだ技術的にも未熟ですが、徐々に成長していけたらと思います。温かく見守っていただけたら幸いです。

出 口 行 雄
85年10月生 福岡県出身


青年部副部長
tokimatutaiti

 少年祭では、たくさんのご参加を頂きありがとうございました。1年と少しの間でしたが、笑いあり涙ありの活動を一緒にさせていただき、色んなことを学ぶ機会があり内容の濃い1年間になりました。第23期大本青年部副部長としてはこれで終りになりますが、また違う形で皆さまとお会いすることもあると思います。今までと変わらず明るく楽しく皆さまと活動できるように頑張りたいと思います。1年という短い間でしたがありがとうございました。

時 松 太 一
86年11月生 京都府出身


青年部副部長
sibasan

 早いもので、副部長の任期3年が経ち、もう3つも年を取ってしまったのかと、しみじみと懐かしさが溢れてきます。この3年間でいろんな苦い思いや楽しい思い、勉強になったことがありましたが、なにか此れと言って得たもの、出来るようになったことは、あまりなかっことを悔やみます。時は金なりというように、若い時代の今を大事に使わせていただき、いろんなことを吸収して人生の幅を広げようと思います。

柴 田  健
93年2月生 京都府出身


青年部副部長
iwasakiizumi

 全国の大本青年の皆さまにおかれましては、夏期学級、少年祭と誠にご苦労さまでございました。私はというと、夏の終わりになんとも言えない寂しさを感じています。さて、9月1日をもって第23期大本青年部も終了となりました。今後とも皆さまとともに大本青年部でより活発に活動させていただきたいと思います。どうぞ24期もよろしくお願いいたします!

岩 い ず み
95年1月生 大阪府出身


主事
anai

 先日、香川県に行ってきました。香川県といえば、うどんで有名なところですが、今回うどんを超える一品と出会うことができました。それは、香川県丸亀市発祥グルメの「骨付鳥」です。味付けは、塩・こしょう・ニンニクなどいたってシンプルですが、夏の暑さに負けない美味しさにすっかり魅了されてしまいました。食物によって、活力をいただけることは、本当にありがたいことだと改めて感じた旅でした。

穴 井 賢 太 郎
88年4月生 熊本県出身


事務局員
kazuyosan

 さて、今年も夏がやってきました。皆さん夏期学級、少年祭と行事が続き、準備やお稽古、また仕事やプライベートなど様々あり、忙しい日々をお送りではないでしょうか。毎年、夏の行事中の記憶が無く、いつも同じ時期に「あれ?去年どうしてたっけ??」という事が多く、そういう時にかぎって、去年のデータを残していなかったりするので、今年からその時その時に、データを更新しようと決心しました。記録するって重要ですね。

柴 田 万 代
89年7月生 京都府出身


事務局員

 

sasaki

 今月1日より、中里青年部長が青年会館にデスクを移されました。前期の事務局とは違った雰囲気に、新鮮さを感じる日々です。また、事務所の模様替えを行い、外面的にも雰囲気が変わりました。しかし、皆さんがいつでも青年会館に遊びに来られるための、受け入れ体制は変わりません! ぜひ、新体制になった青年会館に遊びに来てください!!

佐 々 木 祐 晟
95年2月生 京都府出身
 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

青年部紹介トップへ

ホームへ