第51回霊界物語全国一斉拝読会

平成30年10月18日(木)

聖師さまは、『霊界物語』について、

『この神書もしなかりせば地の上に弥勒(みろく)の神代(かみよ)は来たらざるべし』

とお示しくださっています。

『霊界物語』は三世一貫の救世の書であり、最後の光明とどめの宇宙唯一の宝典です。

また、教主さまは、

「聖師さまは、第一次大本事件後、『世界から如何なる人がひきよせられてきても、応答のできるまで、『霊界物語』の神意の判るものができるのを、神さまは待っておられる』とおっしゃっておられます。私たちはそのみ心を体して、大本の根本教典である『大本神諭』と『霊界物語』をはじめ、歴代教主、教主補さまのご神書をしっかり拝読して、おかげをいただき、お互いにみたま磨きに励ましていただくことが今、大切なことだと思います」

とお示しくださっています。

霊界物語拝読の意義を深く認識させていただき、より多くの方々が拝読会に参加されますようお願い申し上げします。

開催奉告祭祝詞 第51回霊界物語全国一斉拝読会

第51回全国機関拝読箇所一覧

■実施にあたって

次の点をご留意の上、実施願います。

  • 一人でも多くの方に参加していただくために、分所・支部での拝読個所を例年よりも少し多くして、参加者の増加を目指してください。
  • 分所・支部で、信徒の方が『霊界物語』を所有されているかどうかあらかじめ確認し、『霊界物語』がいきわたるように冊数をそろえてください。
  • 当日、信徒の方が分所・支部などの拝読会場に参集できるか確認し、参集できない方には、あらかじめ拝読個所をご連絡いただき、家庭または職場などで拝読していただくようお勧めください。また、家庭で拝読される方には、家族全員の参加をお勧めください。特に、後継者育成の立場から、幼稚園児や小学生を含め、家族全員で拝読会に参加し、これを機にご神書拝読の習慣を身につけてください。
  • 参加者が大勢のため、拝読個所が足りない、または冊数が足りない場合は、別の巻または章を拝読してください。

■実 施 要 項

一、目  的
  1. 聖師さまの救世の書ご口述記念日に、『霊界物語』全81巻を全国一斉に拝読します。
  2. 大本信徒が一丸となってこの神業に参加奉仕します。
  3. ご神書に親しみ拝読熱を盛り上げます。
一、実施日時
  1. 平成30年10月18日、午後7時30分に全国一斉に拝読を開始し、1時間以内に全巻を拝読奉納します。
  2. なお、拝読に先立ち、午後7時から全国本苑・分苑・主会・分所・支部・会合所のご神前において「霊界物語全国一斉拝読会奉告祭祝詞」を奏上し、奉告祭典を執行します。
一、拝読方法
  1. 『霊界物語』ご口述の意義を確認し、私たちにご神書をお示しくださったことを感謝し、一人一人がみろくの世建設に奉仕する覚悟を新たにします。
  2. 拝読の前に、手と口を水で清めます。
  3. ご神書を手に取り、大神さまに祈願し、二拍手をして拝読します。拝読後は、二拍手をして終えます。
  4. 小声で真剣に拝読させていただきます。
一、拝読場所
  1. 拝読は各本苑・分苑・主会・分所・支部・会合所に参集して行います。都合により、参集できない方は、各家庭や職場などで行ってください。
一、実施方法
  1. 『霊界物語』は、修補版をお使いください。
  2. 各本苑・分苑・主会の拝読個所は一覧表の通りです。
  3. 拝読個所のページ割りをして(章割りでも可)管下の信徒に指定します。時間内に指定箇所の拝読を終えれば、その続きから拝読を続けてください。
  4. 『霊界物語』が足りない場合は、別の巻を拝読してください。 各本苑・分苑・主会で、管下の拝読個所終了の旨を確認し、拝読者数をまとめて、大本青年部へ報告してください。
一、連絡締切
  1. 平成30年10月25日(木)必着

〒621-8686 京都府亀岡市天恩郷  大本青年部

TEL 0771-56-9084

FAX 0771-24-6926

メール seinenbu@oomoto.or.jp