大本青年部とは

大本青年信徒の全国組織である大本青年部は、昭和39年(1964年)10月11日に発足しました。

本部は亀岡市天恩郷内にあり、全国青年部の組織を統轄・運営しています。また地方青年部組織は、全国の本苑・分苑・主会内に設けられています。
対象は、大本青年信徒で年齢が15歳から30歳までのすべてが部員となります(ただし本部役員は40歳、地方役員は35歳まで)。

大本の歴史や教義などのみ教えを研さんし、それを日常生活に実践することを通じて自己を高め、地域社会の発展に貢献させていただき、大神さまが示される「みろくの世」建設に奉仕することを目的とします。

運営にあたっては、その重要事項を毎年春と秋に開催される「全国青年部長会議」で協議し決定しています。 主な活動としては、本部・地方を問わず「祭式講習会」「部員研修会」「少年夏期学級」「大学生講座」「高校生講座」「中学生研修会」等の各種研修会を開催しています。

また全国の部員が一年を通じて研さんした成果を、隔年に一度、本部で開催される「大本青・少年祭」で奉納・発表し、一層の向上にはげんでいます。

青年による献労作業(聖地ため池の泥上げ)

献労作業前のお礼拝(亀岡市天恩郷)